最高のマタニティフォトを残そう!大阪のスタジオ徹底ガイド

HOME » 絶対撮るべき!マタニティー写真のススメ » マタニティフォトを自分らしく!オススメの小物は?

マタニティフォトを自分らしく!オススメの小物は?

お腹が大きくなった妊婦さんを撮影する「マタニティフォト」ですが、海外セレブや芸能人がSNSなどで公開したことから、一般的にも知られるようになりました。

赤ちゃんが産まれた後も、家族にとって大切な写真になるはずです。

自分らしい一枚にしたいと思いませんか?

ここでは、マタニティフォトを自分らしく演出するためのオススメの小物をご紹介いたします。

花束、花冠

マタニティフォトで定番中の定番といえる小物は「花」ですが、花と一言でいってもその数は何千種類とあります。

撮影する季節に合った花を選ぶも良し、ご自分の誕生花を選ぶも良し、花言葉からお気に入りのものを見つけるのもいいですね。

花束を持つだけで女性的で華やかな写真になります。妊婦さんの頭に付ける花冠も人気です。

サッシュベルト

サッシュベルトとは、柔らかな素材の幅が広いベルトのことです。リボンをお腹に巻くだけでも可愛らしい写真になります。

こちらも定番の小物ですが、花付きのものやメッセージカードを挟んだりすれば、オリジナリティある演出ができますよ。

他にも、パールの付いたものやレース編みのもの、手作りのものなどを使えば雰囲気を変えることができます。

ファーストシューズ

赤ちゃんが初めて履く靴のことを「ファーストシューズ」と呼びます。

そのファーストシューズをお腹の前に抱えて撮影すると、赤ちゃんが健康で元気な子に育ってくれそうですよ。

市販の外靴もいいですが、手編みのブーティーなどがあれば、より暖かみのある写真になるはずです。

糸電話

糸電話はマタニティフォトをスタジオで撮影する時に、旦那さんやお子さまと一緒に写りたい!という方におすすめです。

糸電話の片方をママのお腹に、もう片方を旦那さんやお子さまの耳や口元に充てれば、まるで産まれてくる赤ちゃんと会話をしているようです。

ガーランド、メッセージボード

クリスマスや誕生日、結婚式などでも用いられているフラッグ状の装飾がガーランドです。

文字を繋いだガーランドを手作りして、産まれてくる赤ちゃんの名前や短いメッセージなどを入れてみてはいかがですか?

また、自由度の高いメッセージボードもおすすめです。

赤ちゃんの名前や妊娠週数を書くのが定番となっていますが、ママから赤ちゃんへのメッセージを記しても素敵だと思います。