最高のマタニティフォトを残そう!大阪のスタジオ徹底ガイド

料金の目安を知ろう

妊婦の写真を撮影するマタニティフォトの料金の目安と、一般的なプランに含まれるメニューなどを解説しています。渡される撮影データ枚数・衣裳やヘアメイク・写真のレタッチ(修正)など、料金と一緒にチェックしておきたいポイントも必見です。

押さえておきたいマタニティフォト料金を徹底ガイド

このページでは、マタニティフォトの一般的な料金を解説していきます。

各スタジオによって、料金プランはさまざま。含まれるサービス内容なども異なりますので、事前にきちんとチェックしておくことが大切です。

まず、マタニティフォトプランを設定している場合、一般的なプランに含まれるのは「撮影料・撮影データ・プリント料金」。
ただし、渡される撮影データや写真プリントの枚数は各スタジオによって違ってきます。

とくに注目したいのは、手渡される撮影データ数。撮った写真のデータをCD-Rに収録してもらえるサービスですが、その枚数は0枚~100枚以上とかなり差があるのです。

このサイトで紹介しているスタジオのプランを例に挙げてみましょう。

 ハピスタ:マタニティプラン・31,500円(100カット以上の全データ付)

 セルフィット:マタニティおすすめsetA・37,000円(データ10カット付)

 レクエルド:満足プラン・42,000円(データ7カット付)

 スタジオアリス:撮影料・3,150円(データ引き渡し不可)

 スタジオシミズ:42,000円(全データ付・枚数不明)

追加でデータが欲しいという場合は、別料金での買い取りとなります。
また、なかにはデータのお渡しがないスタジオもあるので要注意。何度も撮影できないものですから、なるべく多くのデータを手元に残したいものですよね。

プランを選ぶ際には、渡されるデータの枚数を必ずチェックしてください。

料金プランと一緒に、こんな点にも注目!

  • ヘアメイク・メイクはしてもらえる?
    スタジオでヘアメイクやメイクをしてもらえるかどうかを事前にチェックしておきましょう。せっかくの記念写真ですから、プロの手で美しくして貰いたいもの。オプションとなる場合は、その料金も見ておいて。
  • スタッフは女性か
    カメラマンやスタッフに女性はいるかどうかを確認しておきましょう。ヌードにならない場合でも、やはり妊娠中というデリケートな時期ですから、同じ女性同士の方が落ち着く・・・という方も多いはず。
  • スタジオは貸し切り?
    撮影時はスタジオを貸し切りにしてもらえるかどうかをチェック。他の利用者の目を気にしていては、なかなか撮影を楽しめませんよね。また、撮影時間は十分かどうか、体調に合わせて時間を調整してもらえるかどうかも重要です。
  • 写真のレタッチ(修正)をしてもらえるか
    気になる妊娠線や傷などをレタッチしてくれるかどうかも、意外と大切。レタッチがない場合は、ポーズやライティングの工夫で気になる部分を目立たなくできるかなど、事前に打ち合わせしておくと安心です。